最近の記事

2016年03月20日

花粉症。取材前の自分。

すっかり春だなと思います。

今年は、花粉症がひどくて、悪寒がとまらず、頭がぐらぐらしてしまいます。

そんななか、取材や打ち合わせ、授業や面談のお仕事で外出するのはとても大変なのですが、出かけてしまえば、やはり、現場に出ると気持ちがすっきりし、その時ばかりは体調の悪さもまるで薄れるので、やっぱり仕事はありがたいです。

取材は、これまでに行ったことがない町に行けるのが本当に楽しくて、刺激的です。

駅を降りたつときには、小さな旅をするような気分になります。

先日の取材も、ほとんど知らない町に出かけましたが、場所を確認してから、カフェで過ごしました。Instagramに投稿したこの写真は、そのときのものです。

先日の取材前。ちょうど空きました、と、パーテーションのある広いデスクの席に案内してもらえて、嬉しかった。
#cafe #work


どのカフェもいっぱいで、作業ができる場所を探すので時間が過ぎてしまって困ったなと思っていたら、最後にたどりついたのがここ。大きな机の席を使わせていただけました。机にスペースがあるので、ケーキも楽しみながら、取材準備をしていたところでした。


取材前の私は、少しピリピリしていることもあれば、逆に、ふっと力を抜いて、リラックスしていることもあります。資料の確認や、機材などの準備を終えて、他案件の連絡などしてしまっておいてから、ブログやFBなどポエムみたいな調子で、書いてることが多いかもしれないです。そして、それを書いてから、また、取材に頭を戻して現場に。そのときの、背筋の伸びる感覚は、とても好きです。

このブログの初期の頃は、私は、ライターに復帰することなんてありえないと思っていました。そこから何年も経ったのだなと、最近、よく思います。そして、復帰する選択を考えなかった30代のころの私は持っていなかった、10代や20代始めの若かった自分の「仕事を受け取る」思いがあることを知ります。

そんな過去の自分たちのことも、今の私なら、受け止めて、その先の仕事をする自信ももてるようになった・・

以前から、仕事のブランクがある主婦の再就職の際に、越えさせてあげなければならないハードルのひとつは「自信がないこと」だと、言い続けているのですが、確かに、私本人が、今振り返っても、本当に自信をもちようもなかったことを思います。

新しいWEBマガジン風のブログ「フウケイ」を始めていますが、時々、こっちの「ぴかきら☆ふぇいす」にも帰りたくなる自分がいるんだな、と、気づきました。今日は、特にそう思った日曜日で、久し振りに、こちらに書いてみました。
posted by semchy at 22:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | my words,my hearts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

Fwoo-K(フウケイ)のこと。

この夏から、新しいブログをスタートしています。

Fwoo-K と名づけました。フウケイ。

Fwoo-K   この風景が、つぎの風景をつくるから。.png

フウケイ・・・。
見えた風景。伝えたい風景をお伝えしていきたいと思います。

新しい風景が生まれていくといいです。

ぜひご覧ください。
posted by semchy at 18:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

【書きました】働き方、教育、多様性について(リズムーン)

フリーランス女性のためのプラットフォームサイトRhythmoon(リズムーン)に、働き方や教育への思いのこと書きました。




この夏から、リズムーンの編集メンバーに入れていただいています。自分らしい働き方、暮らし方を応援する様々な情報やプロジェクトが素敵なサイトです。

よろしくお願いいたします!


posted by semchy at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【拡散希望】知的障がいの15歳少年が行け不明に!(八王子/高尾山)

ニュースにもなっているのですが、長男の通う学校の生徒が、行方不明になってしまっています。

警察、機動隊、山岳警備隊も出動しての捜索が続いており、学校の先生方もチラシをもって登山道を周るなどしているとのこと。

11905777_914189075319594_4577750338116570765_n.jpg
11988724_914211208650714_4466672796069091359_n.jpg

172cmの身長でしっかりしているけれど、重度の知的障害があって、言葉があまり話せず、会話が難しいお子さんです。

切符ももたずに強引に電車に乗ってしまったりするようなので、今、どこにいるかわかりません。最後に目撃されたのが京王線の高尾山口駅ちかくの、ケーブルカー乗り場だそうです。

山に入ったのか町にいるのか。台風も寒い夜もありました。学校も警察も、周囲の人も探しています。生徒たちも心配しています。

私の身近でも、仕事先の方々や、知人、友人が親身になってくれ、また、SNSでも、多くの方が協力してくださっています。

以前、別のお子さんのこのようなケースで、10日や何週間後かに、ふいっと帰ってきたお子さんもいるそうです。怖い目にもつらい目にもあわず、そんな風に帰ってきてくれるといいです。

障がいの度合いは違いますが息子と同じ知的障がいのお子さんが、近所に来て行方がわからなくなっているということで、個人的に、いてもたってもいられない気持ちにもなりました。

本人が一番心配ですが、身近な方々の思いもいかほどかと思います。

主旨をご理解いただき、どうかご協力をお願いいたします。
posted by semchy at 14:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

fwoo-K、スタートしました

少々コンセプトを整えて、新しいブログをスタートしています。

fwoo-K と名づけました。フウケイ。

Fwoo K   この風景が、つぎの風景をつくるから。.png


試行錯誤しながら、整えて行きたいと思います。

フウケイ・・・。私が、書くもの、お伝えするものは、風景なのだと思います。

私が見た風景。伝えたい風景。

去年、greenz.jpの編集学校というスクールに、ライター枠で参加させていただきました。
greenz.jpの編集長でもあり、屈指のライターでもある兼松佳宏さんが講師なのですが、兼松さんがグリーンズの記事のことを「ラブレター」に例えて話したのを、よく受講生の方々が繰り返していたのを覚えています。

そして、私は、ラブレターというものをラブレターと意識して書いたことがない無頓着者で、でも、逆に、ラブレターでない取材記事を書いたことがないことに、気づかされました。

私は、インタビュー記事は、涙ぐみながら書いたりしています。ひとつの記事のなかに、1文か2文程度、長くても一段落程度なのですが、書きながら熱い涙がこみあげる部分があるのです。読んでいて泣けるかどうかは別なのですが、その文が、記事のかなめになっていたりします。言い換えれば、それがある記事に、魂が宿るような気がします。

書く時の涙。それは、悲しみへの共感といったものではなく、生き様への感動、人というものの輝きに触れて自然に流れるような涙です。あるいは、その人の涙、読む人の心の涙。そこから、その記事が、取材をさせていただいた人の中の深いもの、それから、読んでくださる人の深いものと、つながっているようなイメージです。

ラブレターだというなら、本当にそうだなと思いました。私の涙の源泉が誰かにつながっているのを感じながら、その見えない方々にむけて、わりと熱い気持ちで書いています。記事がどこでどのように誰に読んでいただけているのか、私にはまったくわからないことですし、記事の提供はチーム仕事なので、記事はライターのものでもありません。

その自分の手を離れていく遠さと、心の深いところでつながるような近さの感覚は、少し現実離れした感覚で、ある意味恋と並べて良いぐらいの思いで、私は書いている、と、ふと思います。

そして、頭のなかには、もうひとつ、少し別の次元の意識も。そこには、自分のリアルな世界にいる、大切な人がいます。この感覚もうまく理屈では言えなくて、本人たちも望んでいないかもしれないけれど、私は、その自分の大切の人のためにも、世界のなにかに身を捧げてものを書いているようなところがあります。この感覚がないと書けないぐらいです。

我が子もそうだし、親や身内もそうだし、心近い友人や、自分のパートナーに、私は、私の見ている風景、見つけた風景、誰かが教えてくれた風景を見てほしい。見せたい。そして、彼らの心にうつる風景もまた、教えてほしい。並べあわせたくて、重ね合わせたい。

そんな思いで書いていると、取材させていただいたものや人の中の、コアの輝きが私を感動させ、それが記事になり、それを記事に仕立ててくれる人たちがいて、読者の方々に届く・・・

世界は物質としてはもともとあるものだけれど、人は、それを少しずつ捉えて関わって自分というものとつなげて、時を重ねながら、新しく展開させていくものなのではないかと、私は、なんだか思います。生きるということは、そういうことだという気がして、だから、大切な人たちに、私が捉えた素敵なものを伝えてシナジーを起こすことに、熱い思いを抱くのでしょう。

・・・という、こんなことを、よく私は言っていますが、・・・そんなわけで、風景、と新しいブログに名づけました。


どうか、私の愛する風景を、受け取ってほしいです。



(^ ^)
posted by semchy at 02:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

竹林加寿子さん と 福島ひまわり里親プロジェクト

東北支援のヒマワリの芽が出ました!育ち始めています。
福島ひまわり里親プロジェクトのタネです。

IMG_0487.jpg


about_project.jpg
福島ひまわり里親プロジェクト概要(http://www.sunflower-fukushima.com/report/3569.html

タネは、東北支援チャリティーコンサートもしている、ソプラノ歌手の竹林加寿子さんから分けていただきました。竹林さんは、震災直後から現地に出向かれ、できることをし続けながら、今年も、自分を愛することから想いをつなげていく「PPAYERS CIRCLE祈りの歌 祈りの輪」ツアーで、全国を巡っています。

先日、ご自身を楽器に例えられていましたが、本当に、そうなのだと思わされます。その声の美しさと、聴いたときに私のなかに起きる気持ちを言葉にするのは難しいです。涙が出てとまらなかったりします。

IMG_0498.jpg
Utopista ウトピスタ 
収録曲
1.アヴェ マリア
2.わが母の教え給いし歌
3.ふるさと
4.雨の日の物語


IMG_0301.jpg
posted by semchy at 15:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

郷愁と本質。そして、教育と社会。

自宅からほんの1、2分の草道。

38C537F4-6198-46B4-974E-42715C303DA1.jpg

この町で育って暮らして嬉しい。

そう感じるのは、この町での思い出があるからなのかもしれないし、それはそうだけど、やっぱりそれとも関係ないここの何かに惹かれるからなのかもしれない。

私のなかの郷愁につながる町が、世界には何箇所もあるんじゃないかと思う。誰かの郷愁のそれと、私の郷愁のそれは、同じだったり違ったりするのだと思う。

その町を集めて重ねて地図を作ったら、地球や人間の、本質的意味やゴールが、見えたりするんじゃないかと思ったりする。

。。。。。。

最近、その地図を色々な人と色々なシチュエーションで作るような体験を、これから育つ子どもたちとしてみたいと考えています。

多様性とか個性とか、共生とか共感とか、時代が教えてくれる答えの鍵を身体で知っていて、しなやかで優しい人たちに自分たちがなっていかないと、そして、そうなっていく人に育てていかないと、と思います。

教育業界に新しい動きがあります。これは追い風でこそあれ、何に私や周りの先生方が焦るかといえば、その動きの根底にある、目に見えない時代の要請と、それと深くつながっている、育ちゆく子どもたちへの思いです。1日も早くコンテンツを出して、授業を実現しなくてはと思ったりします。
posted by semchy at 11:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | education | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月14日

タカシマヤが植物園に!

そら植物園の 西畠清順さんのプロデュースで、高島屋さんが植物園に

昨夜、閉店間際に出先から寄って、日本橋高島屋さんで、一部ですが見ることができました。エントランス、ショーウィンドウ、売り場、いたるとこに、世界中の珍しい植物がいました。

植物、本当に好きです。

高島屋各店で、行われているそうです。

高野山 祈りの美 の展覧会も見ました。
人ごみの百貨店でしたが、心の奥に届く何かをいただいた夜でした。

765BDC6B-1838-4577-9472-20BCFAD30F06.jpg
posted by semchy at 09:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | cultures events  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

高輪消防署二本榎出張所

レトロで美しい。一昨日、法事があって、お寺のすぐ近所にあるので前を通りました。

高輪消防署二本榎出張所。昭和8年(1933年)に落成したそうです。当時の東京市全体が、火の見櫓から見渡せたとのこと。警視庁総監会計営繕係の越知操氏による設計だということです。


A4AC9131-EA67-40E0-BD6F-B1712E725F29.jpg
posted by semchy at 20:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | places | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

記事を書きました「ミライヒラクラボ:子どもたちと第一線で働く大人たちとのワークショップ」

P1013451.jpg

先週、greenz.jp(“ほしい未来をつくる”ヒントを共有するウェブマガジン)に書いた記事です。

いまは”答え”がわからない社会になっていて、「こうすればいい」という正解は誰も教えてくれないし、実際、正解はない。


と取材に答えて下さったミライヒラクラボ実行委員会の代表為田さん。

だから、大人も子どもも関係なく、「こうすればいいんじゃないか?」と、みんなが社会に関わって考えていけたらいいと思うんです。


《詳しくはグリーンズの記事で!↓》
子どもたちに考える力を! 第一線で働く大人たちとのワークショップを通じて、“未来をひらく”学びを提供する「ミライヒラクラボ」



去年の夏に行われたイベントの様子を紹介しながら、コンセプトや活動背景などかかせていただきました。普段は別々の仕事をしている運営メンバーたちが、仕事とは異なる場でつながり、自分たちのスキルと教育への思いをこめて組み立てたプログラム。なかなかのメンツ揃いで、「第一線」の内容は本格的で、感動的でした。

「考える力」や「生きる力」をはぐくむためのとりくみは、全国でところから色々な形で、動いています。

当日は私自身の息子(小5)も参加。算数好きの彼ですが、頭をひねりまくっていました。よい経験!

みな、とても良い顔をしていたのが印象的でした。
posted by semchy at 12:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright c 2007 http://pikakilaface.seesaa.net/ All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。