最近の記事

2015年06月12日

竹林加寿子さん と 福島ひまわり里親プロジェクト

東北支援のヒマワリの芽が出ました!育ち始めています。
福島ひまわり里親プロジェクトのタネです。

IMG_0487.jpg


about_project.jpg
福島ひまわり里親プロジェクト概要(http://www.sunflower-fukushima.com/report/3569.html

タネは、東北支援チャリティーコンサートもしている、ソプラノ歌手の竹林加寿子さんから分けていただきました。竹林さんは、震災直後から現地に出向かれ、できることをし続けながら、今年も、自分を愛することから想いをつなげていく「PPAYERS CIRCLE祈りの歌 祈りの輪」ツアーで、全国を巡っています。

先日、ご自身を楽器に例えられていましたが、本当に、そうなのだと思わされます。その声の美しさと、聴いたときに私のなかに起きる気持ちを言葉にするのは難しいです。涙が出てとまらなかったりします。

IMG_0498.jpg
Utopista ウトピスタ 
収録曲
1.アヴェ マリア
2.わが母の教え給いし歌
3.ふるさと
4.雨の日の物語


IMG_0301.jpg
posted by semchy at 15:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

TBS 戦後70年 千の証言スペシャル「私の街も戦場だった」

今夜の放送です。
私が育ち今も住む高尾の町のことも放送されます。
TBS 戦後70年 千の証言スペシャル「私の街も戦場だった」

現在は、観光客も多い高尾ですが、この町から東に向かうと都心、西に向かうと自然の多い地域につながる境目です。西にむかって山へのトンネルに入る直前に、列車が空襲を受けた歴史があります。湯の花トンネルの空襲として、学んできました。



自分の育った町にも私も知らないたくさんのことがあり、ここでまさに生きた人たちのこと・・・知っていかねばならない、伝えていきたいとも感じています。

先日、俳優の佐藤浩市さんが高尾駅ホームで撮影されているところを見かけました。
かっこいいなーと思ってしまいながらも、撮影されていたのが、高尾駅ホームに残る空襲の「弾痕」の柱の部分だったので気になっていました。この番組だったのですね!

12207_805576709514165_7825807477359481957_n.jpg
JR高尾駅(東京都八王子市)のホームの柱に残る弾痕。
太平洋戦争時に、空襲を受けたあとです。飛行機からの弾丸がここに当たったのだときいています。




posted by semchy at 11:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

「すべての赤ちゃんに家庭を」キャンペーン

いま、特別養子縁組という制度に興味をもっているのですが、
その背景には、養護施設で育つ子どもたちの問題もあって、
実態をおききすると、急ぎ解決しなくてはと、強く感じさせられます。

下は、私も参加させていただいている、ヒューマン・ライツ・ウォッチさん主催の、
「すべての赤ちゃんに家庭を」キャンペーンの動画です。


特別養子縁組制度の是正、充実には、
いくつかの社会問題についての課題解決につながる要素が多くあるので、
力強く、改革が進んでほしいと思います。

私も、勉強会や政治家の先生方とのお話に参加しながら、
実態や課題解決の道について知り、多くを学ばされていて、
何かできること、伝えられることを、探して行きたいです。

・・・以上、久しぶりのブログ更新でした。
posted by semchy at 17:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

『グリーンズのつくりかた』届きました

「green Books」vol.2」にあたる 『グリーンズのつくりかた』が、今日届きました。

私もライターをさせていただいている、
“ほしい未来”をつくるヒントのWEBマガジンgreenz.jpを発行するNPOグリーンズ発行。

IMG_4405.jpg
自分の分と、誰かにシェアするための分と2冊。

グリーンズを支えるgreenz people限定で送っていただける、
できたばかりのホットな最新刊です。

読者に問いに答える形の、NPOグリーンズのコアメンバー3名の対談と、
データ資料などのグリーンズの「構成要素」。
表現者でも、思考家でも、実践家でも、経営者たちでもある、彼らの会話に、
キーワード、キーセンテンス、キーシンキング、みたいなものがぎっしり・・! 

なのにリラックスもして読める。
会話がラフな感じで進んでいるし、デザインのセンスもいいからだと思います。

代表の鈴木菜央さん、編集長の兼松佳宏さん、副編集長の小野裕之さん。
直接お話しても、それぞれ、考え方とかちょっとした物事のスタンスとか、
学びも刺激ももらえる上に、なんだか不思議な心地よさも創出する、
すごいなーと思わされる、(私より)新しい世代の新しい形のデキる方々です。

メディア、コミュニティ、ムーブメント、ビジネスの4領域で表される、
グリーンズのコミュニティの図式化とか、アクセス数のグラフとかの資料も、面白い。

見やすい上に、意味深く、見飽きないです。

greenz.jpは、毎日更新されていて、サプライズに満ちた記事満載です。

posted by semchy at 00:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

復興へ 〜 斎太郎節 〜





復興。



力強く、美しい言葉です。
人間への信頼にも満ちていると思う。


2012年3月11日。

0 と 1 と 2 と 3 でできた日付。


今日は、出先でのアナウンスに従い、
居合わせた方々と黙祷を捧げました。

ことばは、みつからない。



新聞、ネット、ニュース、特別番組・・・
知人たちが起こしたアクションを改めて見ています。



取り返しのつかない事実をしっかり受け止めて抱えながら
手を携え合いながら、より良く復興していきますように。





自分自身についても、何をしてきたか、してこなかったか、何ができるか、
頭の中でマインドマップを描いている・・




画像は、音楽関係の仕事をしている友人が
facebookでシェアしていたものです。


さいたら節は、東北地方一円での、大漁を祝う歌。
神にささげる歌でもあり、
復興への思いをこめて歌われているように思います。


フルートとピアノのとても美しい編曲で、
東北ご出身の編曲者 加藤さんの復興への想いが
こめられているとのこと。
だからいっそうなのでしょうか、とても胸に迫ります。



写真提供:宮城県観光課、瑞巌寺

編曲者は福島県出身。東北復興への願いが込められています。
松島、石巻、塩釜の美しい写真とともにお聴き下さい。
We pray for Miyagi (Tōhoku). Enjoy the music with these beautiful pictures of Matsushima, Ishinomaki and Shiogama (Miyagi prefecture).

民謡「斎太郎節」
"Saitara-bushi" a folk song of Miyagi, Japan

編曲:加藤邦宏
Arranged by Kunihiro Kato (born in 1937 in Tōhoku)

フルート:西田紀子
Flute : Noriko Nishida

ピアノ:伊藤恵子
Piano : Keiko Ito

(YouTubeより引用)




posted by semchy at 18:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

毎日新聞で紹介いただきました






先週、毎日新聞、ブックウォッチングのコーナーで、紹介していただきました。ありがたいです。

ブックウオッチング:新刊 『世界で働く子どもたち もっと知りたい』=末光有子・著


「世界で働く子どもたち もっと知りたい」(末光有子著・文芸社・1155円)
 (文芸社・1155円)

 生きるために魚を売るマラウイの少年、読み書きを習いたいと望むパキスタンで機織りをする子どもなど、学校にも行けず働かされている子どもたちをきり絵で表現した絵本。巻末に仙波千恵子さんの詩も収録した。

毎日新聞 2010年8月18日 東京朝刊



有子先生のシンプルで綺麗な切り絵と
「学校に行きたい」「サッカーボールがほしい」「人間として生きたい」
・・という、先生が自らの絵に書き刻んだ切なることばは、
過酷さや悲惨さをリアルに強調しないぶん、心に響くと思います。

プロの絵本作家ではなかった先生が、このような内容の本を出したのは、
大きな覚悟と決意、そして、子ども達への想いがあってこそのことでした。

私も、巻末というか、各ページに詩文をつけさせていただきましたが、
遠い国の人でも、近くにいる人のことでも、それを、書くのも読むのも、
人の生に触れるということは、生きるという意味や、自分の生き方というものに、
立ち返ることなんだと、出版後、また改めて感じさせられています。

自分の人生、学び、教育というものを実感し模索する一助になれば幸いですし、
また、世界中の人たちの教育環境がよりよいものになっていってほしいです。

たくさんの方が読んでらっしゃる新聞にとりあげていただいたこと、
心から感謝しています。



posted by semchy at 09:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright c 2007 http://pikakilaface.seesaa.net/ All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。