最近の記事

2010年05月27日

白神こだま酵母のパン

天然酵母のパンが好きです。特に体が弱ったときには欲する。


娘の体調が良くなってほしくて、昨日から、
サラブレッドハウスさんの、白神こだまの白パンを、
食べさせています。

ふっくらやわらかくて、しあわせを感じます。

練りこんだはちみつの香り芳醇な、
はちみつパン・・おいしいです。


自分でつくるときも、
手に入りやすい酵母のなかで、私が一番好きなのは、
やはり、この白神こだま酵母です。
使い易いし、香りも好き。


最近はテレビに出演されたりもして有名になっていますが、
大塚せつ子さん、随分前から、気になる人でした。

あちらはご記憶にないと思いますが、
実は、2,3度お会いして、おしゃべりするうちに
パン焼きのコツなど教えていただいたことがあります。



白神こだま酵母でパンを焼く―国産小麦がふんわりやわらか

白神こだま酵母でパンを焼く―国産小麦がふんわりやわらか

  • 作者: 大塚 せつ子
  • 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 単行本





posted by semchy at 09:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | karada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

今度は声・・

先週末から、声が出ない・・・

声を使う仕事が終わったその途端に、
かすれ声しかでなくなりました。

のどの痛みを、鎮痛剤で抑えたためだろうか・・・・
子どもが小さな頃は身についていた家庭の自然な手当は、
どこにいってしまったんだろう。

意外と結局、効果がちゃんとあって役にたつのはそっちだと、
感じさせられていたのに。

家での作業もほとんどできずひやひやのまま、
放置状態の家族との貴重な時間も、
在宅だと横になりたくなってしまうので、
いっそ出かけてしまっています。

仕事も、出て人に会ってしまえば動けるし、はかどりますが、
終わった途端に倒れそうになります。

つ、疲れてるのか、歳なのか、風邪が治れば大丈夫なのか・・・

でも、年上の先輩女性たちが、今日も私よりハードで重責な日々を
送っているのが、仕事先でも、ブログやメールからもわかります。

昨日は90歳の祖母と出かけましたが、
彼女は、本当に気持ちも体も丈夫で、
お酒もタバコも料理も景色も楽しんでいて、
そして、家業を支えて商売をやり通した人で、

祖母のようになりたい。
けど、とても及ばなくて、憧れています。

とにかく、
長い・・というか、3つか4つめぐらいの風邪を、
ひいてしまっているのは確かで、あーあ、と思う。


図書館で10冊借りてきました。
脳の本と仕事の本と歴史の本と、それから
異国の女医さんの重い現実の本。


今日は、電話も授業も必要なので、
喉・・・復活してほしいです。

6時を過ぎてしまった・・・仕事します。


末の息子が今日もひとり早く起きてきて、
わきで遊んでいます。






posted by semchy at 06:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | karada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

風邪の日の妄想

ここ1年ぐらいで一番つらい風邪をひいている気がします。
しかも、変な声。

年末の不調もひどいものだったけど、それより厳しく、
試練は色々ありますが、私は、自分の身体を信じようと思う。

最後は、透明になっていくような死に方がいい。
祖母はそうだった。老衰ともいいますが。

若くても燃え尽きて死ぬならそんな感じだろうと思う。
死ぬなら、燃え尽きたい。

って、何を書いてるか不吉なようですが、
私は大げさなところがあるんでしょう・・
いつも、わりと究極のところに目線があり、
生き方を考えるときは、死に方もひっくるめて考えます。

まだ死にたくないと健全に思いながら、
でも、燃え尽きるぐらいの生き方をしたいとも、
心のどこかでいつも思っていたりする。

そうすると、逆に生きる力をさずかり、
道がひらける気がするのでした。

生の歯車と噛み合うというか。


・・ああ、妄想です。


私の頭のなかには、大きな歯車が見えるのだけど、
これは、どう言葉にしたらいいのだろう・・


ところで、

せっかく世界が回転しているのに、
身体がついてこないのは、なんでだろう。

と、年末あたりから思っていて、

もう少し体を意識し、体力をつけて、
骨太な動き方をする必要があるという意味か・・

それが、無理をする年だった去年が終わった、
ということで、
今年は筋肉もつけて、大きく動けるからだにしよう・・


・・・なんか、この日記・・
意味わかんない文章だよね。

頭、すごくぼんやりしてます。


今日は、それでも、何通も何通もメールを書いた。
電話もした。
ハスキーボイスで別人だと思われてばかりだった。


そして、ここにある資料の山を原稿にしなくちゃ・・・
でも、すごく嬉しい仕事。


マインドマップがいっぱい入ったファイルを
抱きしめて寝てしまいそうです。
(だ、だから、寝てる場合じゃないからーーーー!!)


DSC02272.JPG
先月、取材先で撮った鳥




posted by semchy at 19:56| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | karada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

お灸(きっかけは助産院)

091204-184936.jpg


お灸をしています。
せんねん灸。

これ、腕です、左腕。なんだかあやしげな写真ですが。
子どもたちが見ているテレビも映っている。
夜の居間ですが、それぞれ何かしら用事があることも多く、
こんなに子どもたち全員と長く過ごす夜、
団らん(?)は、久しぶりです。

誰かしらがそばに来ては離れ、また、寄ってきます。
家族って、確かであたたかい。


腕、痛くてだるくて使えなくなり、母が火をつけてくれました。


お灸は、第三児出産のときにひとみ助産院で教えていただいたのですが、
ほかにも色々と驚くようなからだケアの知恵を授かりました。

ヨガ、アロマも楽しかったけど、
一番驚いたのは、「内腿踏み」(うちももふみ)です!
あれ以前、以降、外できいたことがありません。
でも、でも、あんなに効果的で体が楽になるのは、
(リンパなんだよね、たぶん)すごーーーーーーーーい!!
「自然なお産」ワールドでは、浸透している技のようです。
ほんとに、ほんとに、助かりました。

伝統の産婆さんの知恵など、消してしまってはもったいないです。
私は、3人とも違う産院で産むことになったのですが、
最初の産婦人科医院も、2度目、3度目の助産院も、
それぞれ選びに選んだところだったし、素敵でした。

だから、方法はどうあれ、
先生やスタッフさんの人柄や心の姿勢が一番大事だと思うのですが、
それでも、一般的な医学の分野にはない、暮しを豊かにラクにする知恵を
意識ある助産士さんが引き継いでいるという事実は否めないと思います。

最近は、産婦人科も変わってきました。
西洋医学と自然治療・・などという区分けも貧しいものだと思います。
良い形で、お互いをとりいれあって、融合した施設が増えたら良いです。


出産や育児は、人間を幸せにします。


女性も男性も、おにいちゃんもおねえちゃんも。おじいちゃんもおばあちゃんも、
となりの人たちも、関わる人すべてを。



それなのに、現在は、これが人の人生の中心に据えられていません。
何かメインの「仕事」や「勉強」の、サイドにある。

それは人それぞれの人生のありかただけど、
だから、「どうしてもそうしたい、それが自分の自然だ」というなら、
それはそうする自由があるとおもうし、
実際は何より経済的な問題があるのかもしれないけれど、

でも、

絶対、絶対、出産や育児の本当を、
知らないでそうしてしまっている人が多過ぎる。


友人たち、出会う人たちと話していると、やはり、育児や出産が、
ひとつの「荷物」として捉えられていることが多いのがわかります。
女性にとってはもちろん、男性も心を痛めています。

育児に責任をもつことと、
苦渋の選択として、犠牲を払うこととは
必ずしも一致しないと、私は思います。


子どもをもてない人をいたわりこそすれ、
子どもを授かることがこんなに重荷になっている社会なんて、
不健全で、不自然で、もったいなさすぎる。


私も、何年もかけて、自分のからだと人生をかけて「本当のこと」を知りました。
本当に快感だから。


教えてくれた専門家の方たち、先輩、友人、家族、親類縁者に、
心から感謝しています。


そして、わたしは、おかげで仕事などを後回しにしてきたので、
自分が苦労し、正直、悔しい想いもしながら、
こうしてキャリアについて考え、末端で関わることになっているのですが、
やっぱり、後悔はしていません。



努力というのは良いけれど、苦労というのはどうなんだろう。


社会や文化が未熟な故の誤解や不理解による苦労は
少しずつ解消していき、しくみが整うのように祈りながら、
後世への貢献をしたいです。


そして、昨夜・・・

せんねん灸のおかげで、左腕が治りました。ものの数分で!
良かった。ありがたいです。



**********


それからもうひとつ。
からだをうまく使えると、もっと豊かな人生が送れる・・
これが意外と目から鱗です。

これは、特にやはり出産も子どももみていただいてきた、
きらくかんの先生(整体)から、教わりました。

そして、産後でなくなったら特に、からだがうまく使えない私ですが、
そのぶん、使いようによっては、
人生がもっと好転する余地がありそうで、楽しみです♪










posted by semchy at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | karada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

眠気をふきとばす術

ほ、本当は、真夜中の眠るべき時間に活用するものではないと、
そう思うけれど、仕事が終らな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!! ので、

活用させていただきます。


「眠気を吹き飛ばしたいとき」のアクションブレーク


「身体にたまった疲労物質を流しさって全身すっきり」っていう
言葉も魅力です。


何度かメールをやりとりしたことがあるだけで、
(というか、それも、こちらからの一方的な感謝レターに、
お返事をいただいた、という・・ありがたいです。)
残念ながらまだお会いしたことのない坂本さんの紹介くださる秘訣は、
本当に即効性があって、楽しくて、
体そのものを(たぶん意識も)変えてくれます。



イメージだけで「らくな体」をつくる本

イメージだけで「らくな体」をつくる本

  • 作者: さかもとはるゆき
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2006/07/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




この本に私は随分たすけられてきました。

末っ子が小さかったりその他で、自宅を離れられず、
真夜中にしか時間がない時期があったのですが、
そういうときにネットと本が私の世界を広くしてくれて、
ネットは人ともコミュニケーションできるので、
とてもとても感謝してます。


ネットでしか社会を構築しきれていないような人も、
もしかしたらいるかもしれなくて、
だけど、それでも、健全に温かく心をこめてつきあえたら、
私は、とても良いことだと思います。

誰かのために、何かのために、
人や世界を信じて感謝するために、
ネットもつかえたらいいと、思います。

なんだか元気になってきたらしく、
体内にちゃぷちゃぷ水がはねて、語り始めた私だわ・・

で、で、

このアクションブレーク術は、体へのイメージが楽しいです。

自分の体と気持ちが一体化した意識をもてて、体が好きになります。
(これ、↑私には難しいので、すごくありがたいです。
子どもたちを産んで育てた自分の体は愛しくありがたいけれど。)

明日は朝から晩までミーティングとセミナー強制受講。
あ、でも、強制でも感謝です。速読の勉強です。
仕事で使うための「強制」ですが、すっごい興味あります。
これまで中と半端に独学してたので、
受講できて、ラッキーです♪ 
(↑ほんとに眠気がとんで元気が出て来たらしい・・)

・・・・・で、仕事します・・・



posted by semchy at 02:59| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | karada | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright c 2007 http://pikakilaface.seesaa.net/ All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。