最近の記事

2014年04月08日

時代。世代。仕事。つながり。

10年近く前、
出版をお手伝いした記念に、著者の方からいただいた小物が、
昨日、探し物の最中にたまたま目について、
それで、1日手元に置いていたのですが、
なんと、たまたま開いたサイトに、そのかたの記事が!

びっくりしました。

ますます充実、活躍のご様子、嬉しいです。

当時、私も子どもが小さく、全て自宅から参加、
完全遠隔のフリーランスチームで本を作りました。

大半が女性メンバーでしたが、
みなが主婦というわけではなく、バックグラウンドは様々で、
時差のある海外も絡んだ動き。
なので逆に、自分が子持ちの主婦であることを特別意識せず、
私は私として、私の形で、関わることができました。

当時の、チームの質、進行も良かったと思います。

最先端のものを感度よくとりいれる身の軽さと、
役割分担や目標が軸として揺るがない安定感、
問題点や改善要素に的確敏感に対応する柔軟さ、
軌道修正して進行しながら仕組みを作っていく骨の太さなど。

締め切りに追われてピッチの速い大量多種の作業状態と、
初めてのメンバーと仕様のなか、
何も問題がなかったわけでなく、だけどトラブルにはならず、
そのたびにつながり直し、そのたびにルールを整え、
そのたびにしくみを作りあげる動きが成立しました。

徹底したパワーコントロールの排除や、
各自の仕事の自立と、相互の人間としての気づかいが、
コミュニケーションの基本目標として意識されていたのも、
そのコミュニティの印象的な要素だったと思います。

人材の質と人件費を落とさずに、コストも抑えられました。

このときの成功体験は、今思うと、
私にとって大きな意味を持った気がします。

今ほどクラウドのシステムができあがっていなかった時代で
ありえないような不具合も頻発しましたが、
「24時間自由な関わりで、オンラインでもチームは組めて仕事はしあがる。
出版原稿なら、デザインまで組んで印刷に出すところまで作れる」と
私は当たり前のように確信していて、
それが現実としてかなえられた事例になりました。
(今では、本当に当たり前にみなさんしていることですが・・)

離れた場所から人とつながって分担して仕事を進めること、
オンラインのコミュニティツールを不安定ながらもとりいれ、
最先端で、吟味・工夫しながら使っていくこと、
それをある程度、再現性ももたせてシステマチックに進め、
「準」ではなく「主」の仕事形態として、さまざまな意味で、
リアルなオフィスと同じかそれ以上の機能空間を目指すこと・・・

・・・それらの、意味とか可能性を、疑いなく信じて、
面白い企画があれば、つながって、つなげあって、
話を進めよう、仕事にしていこう、という気持ちで今日まで来られたのは、
あの頃の経験のおかげじゃないかなと思います。

成功体験からは学びも得ます。

ツールはどんどん新しくなりますが、
基本的にバーチャルオフィスとしてのシステム構築から考えて
新しいものに乗り換えてきたので、
何が何にとって変わって便利なのだとか、
何が足りないと問題なのかとかが、わかるようになった気がします。

この体験がない人には成功スタイルのイメージが
抱きづらいかもしれず、
時々、実論が、空論のように捉えられてしまうことがあります。
反対されることも、頓挫することも味わいました。

あの頃、私は、30代前半でした。

30代の意味、自分たちの世代の意味があるな、と思います。

仕事がいつも新鮮であることを阻まない、
イーブンでニュートラルなコミュニケーションも、
当時は新しい形だと思ったけれど、
すでに今の若い世代の人たちは、
感覚的に知っているようにも見えます。

新しい世代の人達が新しい仕事をつくっていくのを、
目を細めてながめ、
ついていけるかと焦燥感を抱くこともあれば、
不安定に見えて手を貸そうと思うこともあったりします。

この春・・・個人的には、
ちょっとした節目を超えたように思います。

若い頃にご縁をいただいた方々のこの10年、
それを足場にした発展をみながら、
自分たちの世代も、すっかり大人になった次世代ともに、
社会に立つ歳にもなったんだと、感じています。


IMG_5065.jpg
posted by semchy at 14:37| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ワークスタイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

中央アジア部族の『乙嫁語り』(森薫さん)

中央アジアで暮らす人たちの、
「婚姻」にまつわる物語を描いた『乙嫁語り』。

乙嫁語り 1巻 (ビームコミックス(ハルタ)) / KADOKAWA / エンターブレイン

人や文化がとても丁寧に描かれていて、
ドラマとしてもすっきり面白くて好きな作品ですが、
マンガ大賞2014を受賞したとのこと。

森薫さんの作品です。


物語の中心人物となることが多いアミルは、
婚期を逃したとされる20歳で、他部族の12歳の夫に嫁ぎます。


狩りの話や、刺繍にまつわる話などを読んでいると、
なんとなく、私は、
本で読んだアイヌ文化を思い出したりもします。
アジアの文化どうし、つながるところがあるでしょうか。


物語では、部族間の戦いという、きな臭い問題も出てきて、
同じ、血を感じるたくましさが漂っても、
狩りと戦争は違うことを、改めて知らされます。


ちなみに私は、アミルの兄の、アゼルが好きです。
弟のジョルクとセットで。

IMG_4910.jpg


posted by semchy at 10:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

オレンジ色の元気をいただいています 〜 上田晶美先生と。

ファイナンシャルプランナー氏家先生のセミナーを受講した際、
会場にオフィスがある、共催の上田晶美先生にも、お会いできました。

IMG_4853.JPG

先生には何かとお世話になってきて、本当に感謝しています。

先生からいただくアドバイスは、的確で鋭く力強くて、
トレードカラーのオレンジにも、エネルギーをいただきます。

この冬移転された新事務所にお邪魔するのは2度目。
明るくて素敵な、セミナールーム併設のオフィスです。

初めてうかがった2月初頭のお披露目のときには、
胸に迫る、東北支援のお話などもお聞きし、
キャリア支援というお仕事の可能性や本質にも感動しました。

IMG_4838.JPG

一昨日は、帰り道に、
青山通りからみた渋谷の夕空がとても綺麗で、
本当にあそこが渋谷か・・・と思うほど。

軸をしっかりさせて、頑張ろうと思いました。


posted by semchy at 11:21| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | my words,my hearts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

FP氏家祥美先生のセミナーに参加しました

昨日は、ファイナンシャルプランナーの氏家祥美先生のセミナーに。

人生や生活を、年月と資金から数字で見てみると、
ずいぶん視界が変わることがわかりました。
新しい目線を、いろいろいただいた気がします。

額面で人生を考えるのって、味気ないとか面倒とかも、
今まで思ってしまっていたけれど、
ちゃんとわかってしまえば、そうでもなく意外とシンプルで、
また、事実が明確になることで、
選択をする際に、気持ちや考えにも集中しやすく
なるんじゃないかとも思いました。

IMG_4836.jpg
場所は、ハナマルキャリア総合研究所
その日の様子がブログにも←私もちょっと写ってる!)

そして、氏家先生の、明るく楽しくキレのいいお話ぶり。
楽しく共感しながら、なるほど、なるほど・・と、思います。

ご参加のみなさまも素敵な方々。
情報交換、意見交換も、良い雰囲気のなか有意義で、
お話がいっそう広がりました。

↓このご本は、PHPさんのサイトで購入できるそうです。
『子どもの年代別
大学に行かせるお金の貯め方』

81574-1.jpg


〜〜
posted by semchy at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | cultures events  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

自信のない自分。行動できない自分。 〜村井美月先生メソッド本 発刊!〜

自信をもつこと。行動すること。

これができたら、人生は好転していくと思います。

でも、自信のないときの自分、
行動ができないときの自分は、厄介です。

ほんとに・・・自分が一番厄介だと思います。

明るくポジティブに、とばかり言われるのも、
逆に辛く、かえって自分のダメなところに傷つきます。

でも、そんな自分が否定もされず、
無理なく好転していけるようなシンプルなワザを、
教えてくれる本が、今月、出版されました。


お世話になっている村井美月先生のメソッド本です。
今日からあなたが自信をもって生きていく方法―不安・心のモヤモヤをちょっとしたことで、あなたの強力な力に変える 不安を自信に変える村井美月流メソッド [単行本] / 村井 美月 (著); カナリア書房 (刊)


村井先生は、管理栄養士や食品アドバイザーの資格のための学習や、
生活改善のための方法の著書もおありです。

ご自身が、のりこえ実践されて来た経験をふまえながら、
心と体の両方向から人生そのものを考え、
とりくみやすいスモールステップのメソッドとして
どこか気持ちによりそって、伝えてくれるご本だと思いました。

先生の御経験談も読み応えがあります。
いろいろ大変だったんだなー、すごいなあー・・と。

先日は、出版記念パーティーで、
先生を支えられている蒼々たる方々とお会いする機会も得られ、
あらためて、先生のお人柄も感じました。

村井先生は、来週には、管理栄養士の本も出され、
タイプの違う本を1ヶ月に2冊出されるご活躍!
原稿に向かわれるお忙しさも半端でなく、
私もお手伝いさせていただきました^^V


来週発刊!・・まだ画像がありませんでした。↓
管理栄養士最短合格のためのテキスト&模擬問題 [単行本] / 村井 美月 (著); 秀和システム



↓これは、先生と夢のスポーツカードライブ(ほぼ徹夜明け状態)。
 原稿作りに追われながら、出版社さん近くのカフェショールームで
 お声かけいただくまま、ちょっと乗らせていただいたベンツ車でした^^


IMG_4488.JPG



posted by semchy at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

同級生。

facebookでつながっている同級生のお誕生日が
3月3日をまん中に、3日連続していて、
おひな祭りとあわせて、なんだか嬉しかった。

中高6年間の女子校時代の友達。

みんな素敵。

あの時期から始まって
今につながっていることもたくさんあるし、
あの時期と変わらないものもある。

いまは新しい校舎になってしまったけれど、
私たちが通った頃も、中学の校舎は新築で、
高校の校舎の手前というか、奥というか、
丘陵の斜面に立っている校舎の、
私は、デザインと構造が好きだった。

特に、あの明るい階段。

階段を、のぼったりおりたりしながら、
色々な場所につながる人生を
私たちは、みんな、歩いているんだと思う。

計算をすると、ちょうど入学して、
なんと30年になる。

どこにたどりついていくだろう、私たち。

みんな、元気で綺麗で嬉しい。
いっしょに歳を重ねていけるのも嬉しい。


↓これは、あるお店の階段。
IMG_4587.jpg

posted by semchy at 12:50| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ハッピーライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

「幸せに」と。・・追悼・・

時がたって、やっと言葉にできるようになりました。

昨年、身内が亡くなった。

ほんの時々しか会わないけれど、
少し年上の、兄のような人だった。

彼は、私を、ほっとさせてくれた。

昔、たとえば法事とかで、
どこか堅苦しかった制服時代の10代の私に、
朗らかに、くったくなく話しかけてくれた。

私は、笑った。

同居していた祖母の葬儀のときに、
(当時は葬儀屋さんとか使う風習がまだなかった)
実家を会場にするために、家具を移動する男性陣のなかで、
ひときわ、なにかの明るい力に満ちているように見えた。

あのとき、やっぱり身内の中で、長女として、
何か、たぶん、母よりも父よりも妹よりも、
ひとり何かを背負って気が張っていた、やっぱり制服の私は、
祖母のために涙を流す人たちを静かにみながら、
こんなに泣き虫なのに、人前では涙を流さなかった。

ものすごく綺麗だった、棺のなかの祖母の顔。

そのときも、彼は、いつもと変わらずに自然で、
優しくて気さくで、何かの手を貸そうとしてくれた。

長女だった私は、いつも、“兄”や“姉”のような身内を、
会えないわりに、心のなかで、支えにしてきた。

のこされた、やはりわたしの姉のような妻と、
その子どものことを考えると、涙がとまらない。

おいていくほうも、おいていかれた方も
まだ・・・まだこんな別れ・・早すぎたでしょうに。

急に倒れて、逝ってしまったのだときいている。

葬儀の日は、仕事に出たので、いけなかった。
あとから、別の形の弔いにいった。

新しいタイプのお墓だった。
たくさんの人の、生前の名前と戒名が並んでいた。

近くで仕事があった移動中に、ひとりお寺に寄ったときは、
石に刻まれた名前に手を触れたら、
「こんな姿になってしまって」という言葉が口から勝手にでてきて、
寒い日で長くはいられない気がしたし、
仏像とかを拝観する人が続々とそばをとおるから、
静かにしていなくては、と思ったのだけれど、
なぜか自分が、自分の言うことをきかなくて、
「こんな姿に、こんな姿に・・」と声を出し続けて、
泣けて泣けて、泣けてしょうがなかった。

無念だったでしょう、家族が、息子が、心配でしょう・・
もっと生きたかったでしょう・・


お坊さんがひとり出てきて、
黙ってそばに立ってくれた。

少ししてから、お経をあげてくれた。

多くを言わず、何もたずねずに、
「あなたが、幸せになることですよ」と、
最後に言ってくれた。

涙が止まった。

温かいお茶を、と言って頂いたけれど、
やっぱり夕方からの仕事があったので、お断りした。

勝手な妄想だとも思うけれど、

「こんな姿になってしまって」
と、言ったのは、私じゃない気がする。

「こんな姿になっちゃったよ、千恵ちゃん」と、
兄のような彼こそが、本当は私に言った、と思った。

私の名前も覚えていてくれてたかわからないけど、
遺族まっただなかでない私が何を言うか、って話だけど、
自分中心な話でごめんって思うけど、
だから、私の勝手な妄想だろうけど、だけど、

また、くったくなく、親しげに、
話しかけてくれたのだと、思った。

あの、恰幅のよかった・・・、
うちのタンスを運んだり、小さな子どもを抱き上げてた、
あの肉体を、失ってしまったよ、と、言ったのだと思った

もう、手伝えない、家族も慈しめない、と。

そして、お坊さんの口もかりて、
「千恵ちゃん、しあわせに」とも
言ってくれたのだと・・・思った。

幸せになる「覚悟」をするという教えを、
昔、受けたことがある。

幸せに、なっていいのか、
私は、よくわからなくなる。

こんなに泣いてばかりでも、
うまくいかないことも、心配事も多いけど、
いま、じゅうぶん幸せだとも思う。

大義はあるけれど、
だから、仕事をしているけれど、
人のため、社会のためだけに、
生きられるほど、綺麗で強くもない。

そして、自分の幸せのために生きる、と言えるほど、
やっぱり、強くもないし、その綺麗さもない。

簡単に、単純に、それを言ってはいけないとも、
なんとなく思っている。

人はみんな幸せになるために生きてほしいと、
それはそれで、本当に思ってもいるのだけれど。

自分のことは、わからない・・
矛盾だらけ。

でも、幸せに、と、
お坊さんに言ってもらった言葉は、
泣けて、泣けてしょうがないけど、
しっかりうけとって、大事にしようと思う。

生き残ったのだから、
その、「覚悟」も、しようと思う。



( 合掌。 )


posted by semchy at 16:37| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | my words,my hearts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

怖くてできないこと。

私は、運動能力?がすごく極端で、足が多少速かったりもしたので、
運動ができると時々思われてしまったりもしたのですが、
どんくさいところは、とことん、どんくさく、
たとえば、あまり乗り物が得意な子どもではありませんでした。

自転車とか、すいすい乗れるようになるタイプではありません。

それから、怖くてできないことがたくさんありました。
水も怖かった。水泳が苦手でした。
津波の夢をみては、汗びっしょりで起きることが何度もありました。

娘が、小さな頃、スイミングスクールで、
プールサイドからのジャンプ(足から、です。頭からではなく)が
怖くてできなくて、とうとう体調まで崩してしまったのですが、
私も、それと同じぐらい、
「怖くてできない」ものが、どうしてもできない子どもでした。

近所の用水路の上の一本橋が渡れないとか、
ブランコで高くこぎあげることがどうしてもできない、とか。
あと、平均台は大丈夫なのだけれど、
跳び箱の上で前転することができませんでした。

夜布団のなかで考えると、
なんでできないのかわからないし、
むしろできるようになりたいのだけれど、
いざその場になると、
頑張っても、やろうと思ってもできなくて、
みじめだし、いやになります。

反面、怖くないことは、多少の無理をしても、
自分が傷ついても、自分のものが壊れてもしてしまうので、
極端なところがあるのだと思います。

で、やっぱり、こんな年になっても、
自分に、怖くてできないことがあるのだと、知りました。

やりたいのに、できない。

じゃあ、やりたくないのね、と言われるけれど、やりたい。
でも、やろうとしたらやれない。
・・・困った態度です。

昔、水が怖くて水泳が苦手でしかたないから、
父に、スイミングスクールに行きたいといったら、
ものすごく叱られました。
嫌だ、嫌だと言いながら、チャラチャラしたことを言うな、と。

克服したいのだと言ったけれど、
父は怒ったままでした。

苦手は苦手、限界は限界で、
静かにで受け止めてまっすぐに生きてきた父だと、
今になると思います。

怖くてやれない自分に、
この年で出会ったことに、驚きました。

やれない、が答えだとは思わなかった。
やっと、そうか、やれないのだと、気づきました。

一歩踏み出す勇気がないときは、
私は、それは頑張って踏み出そうと思います。
みっともなくても、不安でも、それこそ怖くても、
頑張るときは頑張るしかないと自分にいいきかせて、
えいっと、やる・・ことはできる。

だけど、この、一本橋がダメなのタイプの怖さは、
自分の意志を自分がきいてくれなくて、
まったく動けない・・私の意志ではどうしようもない。
どういうことなんだろう・・・・でも、
がんばって克服するにしても、時間が必要だと思う。

そして、大人だったら、こういうときは、
やりません、と言うしかないのだな、と、
やっと思いいたりました。

いかにも後ろ向きなこと、書いてしまいましたが、
無念でも諦念ともまた違う、不思議な哀しみです。
posted by semchy at 13:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | my words,my hearts | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

浮世絵×ストリートのアート展(NAGAさん/RAW PROJECT)

取材記事を書かせていただきました。

↓↓↓↓↓


ストリートカルチャーでコミュニティづくり!
NPO法人「Street Culture Rights」が仕掛ける浮世絵展『すとり〜と百景 NAGA展』
greenz.jp グリーンズ


“江戸人”がスケボーしたりしていて楽しい、浮世絵とストリートカルチャーのコラボ作品展。
このアート展の背景や、日本のストリートカルチャーの可能性も取材させていただいたので、読んでいただけると嬉しいです。

greenz.jpさんのほかの記事もぜひ。
サプライズに満ちた、ムーブメントの記事がぎっしり載っています。

IMG_4093.jpg


このアート展、仕掛人は、ストリートカルチャーで世の活性を計るNPO法人Street Culture Rightsさんで、RAW SKOOLプロジェクトという企画のひとつです。代表の阿部さんは、以前、記事にさせていただいた、ダンスで福祉をもりあげているSOCIAL WORKEEERZさんとも親交が。(踊れない私ですが、ダンサーさんたち、本当にかっこいい)。


IMG_4034.jpg
レセプションパーティ。

私としては、「カッコイイ!」「楽しい!」「気持ちいい!」などという、人の気持ちの底からわき上がってくる感覚を使っていくプロジェクトに、注目しています。

参加者、関係者のあいだでスパークするものが、また新しい動きを生み出していく、というような勢いある相乗効果があることも、期待の理由のひとつです。

しかし、それを成り立たせる仕組みづくりがあっての実現。形にしていく過程やこだわり、ご苦労などのお話からも、学ぶところが多いです。

今回、取材させていただく中でお会いした周囲の方々もまた素敵で、記事には書ききれませんでしたが、ヒントになる言葉、考え、動きのお話、いっぱいいただきました。

色々起きる、今の時代のことを、色々な人と話します。色々な形で捉えることができるんだなとも思います。気をひきしめながら前向きに捉えている人たちも多いことに感動します。

しかし、そのなかでも、備えを考える人、生き抜く術に注目している人、とらわれずより新しい動きをすることに身をまかせる人など、やはり色々です。

色々だな、と思いながら、今の社会が、可能性のかけらが、あちこちで輝く、その光に満ちていることを感じています。



《イベントのご紹介》

6768c535cf51affd4cc0b30dedcffe74-623x882.jpg




浮世絵×ストリート『すとり〜と百景』NAGA展
期間:2014年1月29日(水)〜2月23日(日)
会場:場所:東京国際フォーラム フォーラム・アート・ショップ内ギャラリー
時間:10時〜20時 ※最終日は17時まで
入場無料






posted by semchy at 11:41| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

『グリーンズのつくりかた』届きました

「green Books」vol.2」にあたる 『グリーンズのつくりかた』が、今日届きました。

私もライターをさせていただいている、
“ほしい未来”をつくるヒントのWEBマガジンgreenz.jpを発行するNPOグリーンズ発行。

IMG_4405.jpg
自分の分と、誰かにシェアするための分と2冊。

グリーンズを支えるgreenz people限定で送っていただける、
できたばかりのホットな最新刊です。

読者に問いに答える形の、NPOグリーンズのコアメンバー3名の対談と、
データ資料などのグリーンズの「構成要素」。
表現者でも、思考家でも、実践家でも、経営者たちでもある、彼らの会話に、
キーワード、キーセンテンス、キーシンキング、みたいなものがぎっしり・・! 

なのにリラックスもして読める。
会話がラフな感じで進んでいるし、デザインのセンスもいいからだと思います。

代表の鈴木菜央さん、編集長の兼松佳宏さん、副編集長の小野裕之さん。
直接お話しても、それぞれ、考え方とかちょっとした物事のスタンスとか、
学びも刺激ももらえる上に、なんだか不思議な心地よさも創出する、
すごいなーと思わされる、(私より)新しい世代の新しい形のデキる方々です。

メディア、コミュニティ、ムーブメント、ビジネスの4領域で表される、
グリーンズのコミュニティの図式化とか、アクセス数のグラフとかの資料も、面白い。

見やすい上に、意味深く、見飽きないです。

greenz.jpは、毎日更新されていて、サプライズに満ちた記事満載です。

posted by semchy at 00:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界中が輝いたらいい〜movement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright c 2007 http://pikakilaface.seesaa.net/ All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。